VOVOX link protect A - アンバランスシールド

| コメント(0) | トラックバック(0)

ジョン・スコフィールドが使っていると言う話を聴いて気になっていた VOVOX link protect A

噂通り素晴らしいシールドでした。

これは、お薦め

今までは、MOGAMI 2534BELDEN 8412 をケーブルに、SwitchCraft や Neutrik 辺りのプラグと組み合わせた自作ケーブルをメインで使ってましたが、暫く使って良かったらパッチケーブル以外はこれに変えようかと検討中です。

VOVOX link protect A & B3 & HT-5R

実は数年前からソリッドコアのケーブルに興味はあったのですが、なかなか試す機会がなくて今回初めて使ってみました。

結果、これが単線の威力なのか VOVOX の凄さなのかは定かではありませんが、目からうろこ的な違いを感じました。

シールドで音が変わるのは今までも実感してきましたが、ここまで分かりやすく変わるのも珍しいと言うのが正直な感想です。

音を言葉で表現するのは難しいのですが、圧倒的にクリアな音です。

機材の話で「解像度が高い」っと言う表現をよく使いますけど、まさにそういう印象。

ただ、これまで「フラット・クリア・解像度が高い」っと謳われているケーブルを使ってきた印象として、総じて「物足りなさ」を感じることや「硬さ」を感じることが多かったのですが、このシールドはそういう印象は感じません。

ギターで言うと、聴かせたい音にフォーカスして出力してくれるイメージ。

例えば、歪んだ音色でコードを弾いた時に、一つ一つの音が聞こえてくるようなイメージです。

「音の焦点が合う」って言うのは、もしかしたらこういう話なのかなぁっと、思ってしまいました。

これは、お薦めです!

機会があったら是非試してみて下さい。

(2013年1月10日 14:46 更新)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.grimonet.com/sys/mt/mt-tb.cgi/632

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

関連サイト