Bogner Ecstasy Red - オーバードライブ/ディストーションペダル

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回紹介した Bognaer Ecstasy Blue 同様、Ecstasy の Red チャンネルを再現したというディストーションペダル。

Blueの時にも書きましたが Ecstasy 自体を試したことがないので、Ecstarsy と比べてどうなのか?って話は分かりません。

ただ、このペダルは欲しいです。

それもかなりw

試奏した印象としては、Blue と比べると暴れ方が少しおとなしめな印象。

勿論、Red の方が歪みますが、そういう意味ではなく、分かりやすく使いやすく歪む感じですね。
まさにアンプのリードチャンネルという感じの音。

用途としては、そのままですが、ヘビーなリフとかソロで使うと良い感じだと思います。

勿論、クランチとしても使えるでしょう、が歪の量は多めなので、ブースター的な感じに使うのは難しいと思いますが。

分からないですけど、ブルースとかにも良いかもしれないです。

まぁ、こちらもオフィシャルの動画が有るので、そちらを見てみて下さい。

印象としては結構近いと思います。

これを見ても分かりますが、同じ設定でも弾き方によって全然音が違いますよね。

この傾向は Blue もそうですが、ここまで歪むエフェクターでこういう表情が付けやすいってのは好き嫌いがハッキリ分かれるんじゃないかと思います。

ただ、だからこそなのか、かなり歪んでいる設定でもコードを弾いた時の一つ一つの音が聞こえてくる感じが個人的には好きですね~

あと、動画の途中でストラトに切り替わるシーンが有るのですが、ストラトで弾いたらあんな感じかもなぁっと思います。

Blue同様、ギターによっても結構音が変わると思います。

私は、モダン系のSSHのギターで試奏したのですが、ある意味でストラトとかシングルコイルのギターのほうが使いやすい音になると思います。

この、何というか芯が残った感じというか、バリバリした感じが個人的には好きですが、まぁ、これも好き嫌い別れる所でしょうね。


という感じです。

今一番欲しい歪ペダルですw

って、この前「Blue の方が良い」的な事書いてたじゃないかって感じですよねw

まぁ、でも、今、どちらか一つを選ばないといけないとしたら私は Red です。

なぜか?

Blue は確かに音は良いですが、自分の機材の中に入れて考えると使い所が難しい。

というか、Blueの場合、立ち位置的にどうしても aNaLoG.MaN King of Tone とぶつかってしまうので、どちらを使うか考え無いといけないし、カブるけど特徴は全く違うので、全体的に見直しが必要になってしまうのです。

それと比べると、Red の場合、使う場面も含めて非常に明確にイメージできます。

もっと具体的に言うと現在メインで使っている Blackstar DS-2 の置き換えとして、検討中という感じですね。

DS-2の音には満足しているのですが、ライブで使うことを考えると独自の電源を確保する必要が合ったり、重かったりと、音以外の面で使いにくい部分が結構有るので、その代わりのペダルを探していました。

が、なかなか良いのが見つからなかったんです。

欲を言えば Blue と Red、どちらも欲しいですけどねw

それは無理w

(2013年4月 1日 10:53 更新)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.grimonet.com/sys/mt/mt-tb.cgi/639

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

関連サイト

お勧め度

気になっています。

気になっています。

この記事について

公開:2013年4月 1日 20:53
更新:2013年4月 1日 10:53

このページは、道草が書きました。

前後のページ:
<< Bogner Ecstasy Blue - オーバードライブペダル |

最近更新されたページはこちらから、古いものはこちらから参照できます。