Mooradian

| コメント(0) | トラックバック(0)

高級ギグバッグの代名詞 Mooradian
見た目は地味だし、現代的な仕様では無いかもしれませんが、とても使いやすく丈夫です。

最近流行りのセミハードでは無く、ソフトケースなので取り回しが楽だし、厚手のパッドがしっかりと楽器を保護するのでセミハードケースと同じ位の安心感があります。

大事なギターは出来れば専用ハードケースで持ち運びたいところですが、ハードケースは重い。
そんな時、Mooradian のギターケースはお薦めです。

Mooradian ACSとGibson Custom Non-Rev Firebird/Ibanez V
↑アコギ用なのでデカイ。

私は ACS と言う、アコースティックギター用のケースを持っているのですが、主に Gibson Non-Reverse Firebird と Ibanez V を入れるために使ってます。
それまで、歩きで機材を運ぶ時にはベース用のソフトケースに入れて運んでいたのですが、背負っている時の肩にかかる力が全然違います。

これはかなり楽
ビックリするくらい機材が軽く感じます

当初、Non-Rev Firebird と V の両方を収納可能なソフトケースを探していたのですが、NR Firebird は ES-335用やフルアコ用のケースでも入るのですが、Vが・・・
ソフトケースなら何とかなるのですが、セミハード系は全滅。

NR Firebird も V もヘッドに角度が付いているので、しっかりと保護できるソフトケースを探したのですが、対応できそうなものは Mooradian 位でした。

EB(ベース用)でも両方入りそうでしたが、たまたま Taylor 314ce を買った直後だったので、最悪入らなくても Taylor 314ce用にしてしまえば良いかなって考えで ACS を買いました。

Non-Rev FirebirdをMooradian ACSに314ceをMooradian ACSに
Gibson Custom Shop Non-Rev Firebird と Taylor 314ce は問題なく入ります。

Ibanez VはMooradian ACSから飛び出るIbanez VをMooradian ACSにIbanez VをMooradian ACSに強引に入れたときのヘッド
Ibanez V は普通に入れると頭が少し飛び出てしまいますが、無理やり押し込めばなんとか入ります。
パツパツになってますが、作りが頑丈なので少しの間なら大丈夫そう。(っと思いたい。)

結果、V と NR Firebird どちらも入りました。
もちろん Taylor 314ce も。

V はちょっと無理やりって感じですが、ソフトケースなので入れてしまえば何とかなるって感じ。
パッドがかなり厚いので、無理やり入れても、入れてしまえば何とかなる感じです。

かなり運搬が楽になりました。

ソフトケースと考えるかなり値が張りますが、それだけの価値はあると思います。
お薦めです。

(2010年4月12日 18:19 更新)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.grimonet.com/sys/mt/mt-tb.cgi/486

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

関連サイト

お勧め度

お薦め

お勧めです。

この記事について

公開:2010年4月 9日 18:11
更新:2010年4月12日 18:19

このページは、道草が書きました。

前後のページ:
<< eneloop music booster - SANYO | | Caravanserai - Santana >>

最近更新されたページはこちらから、古いものはこちらから参照できます。