Cry Baby Mini Wah (CBM95) – Jim Dunlop のミニワウ

地元の楽器屋に寄ったら激安で売られていたので Jim Dunlop のミニワウ Cry Baby Mini Wah CBM95 を買いました。

道草/Yukiさん(@yu_ki.guitar)がシェアした投稿


サブのボードを組もうと何年も前から思っていて、ワウは必須だけどデカいよなーっと思ってました。

となるとミニワウなのですが、この手のペダルは試奏だけでは分からないことが多いので買ってみて試してみよう!っと言う感じです。

JIM DUNLOP / CBM95 Crybaby Mini Wah サウンドハウス
JIM DUNLOP / CBM95 Crybaby Mini Wah
サウンドハウス
| 楽天 | Amazon

Cry Baby Mini の外観など

フルサイズのワウと比べると半分のサイズだそうで、ぱっと見かなり小さいです。

道草/Yukiさん(@yu_ki.guitar)がシェアした投稿


半分のサイズって言われたら「へー」って感じですけど、こうやって並べて比べてみるとかなり小さいのが分かるのではないかと。

実際メチャクチャ小さいです。


他のペダルと比べてみると小さい訳ではないですが、十分でしょう。

軽いですし。

Cry Baby のスタンダードモデル GCB95 が 1.7Kg なのに対して CBM95 は 440g ですから相当軽く感じます。

約1.3Kg 違うってなかなかですよね・・・

13インチの MacBook Pro くらい重さが違うって事ですよw

Cry Baby Mini の音

肝心の音ですが・・・

クライベイビーです(笑)

文句なしにクライベイビー。

ディストーションとかファズでかなり歪ませた状態で使うと凄く気持ちのいい音で泣いてくれます。

ギョワーって。

この音はクライベイビーならではですよね。
Cry Baby!って感じの音です。

クリーンで踏み込むと歪んじゃう辺りもクライベイビー。

音の特徴はまんまじゃないかなと思います。

Cry Baby Mini の操作性

これがね、一番の問題点ではないかなと思います。

小さいので。

ボードに入れたり持ち運びの事を考えたら小さいに越したことはないのですが、「操作をする」ペダルとして考えると、まったく逆の話になってしまいますよね。

そもそも足よりも小さい訳ですから。

音に関しては先ほども書いたようにフルサイズのワウと比べて劣る部分は無いので、音の可変幅も同じくらいの広さがあると言う事ですよね。

実際、535と並べてみると同じくらいの可変幅っぽいです。

Close
閉じたところ

Open
開いたところ

と言う事は、同じ可変幅を 1/2 サイズでコントロールしなくちゃならないので、そうとう繊細なコントロールが必要になってくるわけです。

こればっかりは慣れが必要だなぁっという感じがしてます。

「使いにくい」と感じるレベルではないですが、微妙なコントロールが出来なくて、中間をすっ飛ばして全開と全閉を繰り返してしまうイメージです。

あと、地味なところで本体が軽いので、ON/OFF の時にペダルを固定してないとズレやすいのは、軽いからこその使いにくさだなと。

ただ、買う前に思っていたよりも使いにくくはないと言うか、結構なれます。
もっと慣れたら普通に使えるんじゃないかなと。

なので、もうちょい使いこなせるようになったらアップデートしたいと思います。

JIM DUNLOP / CBM95 Crybaby Mini Wah サウンドハウス
JIM DUNLOP / CBM95 Crybaby Mini Wah
サウンドハウス
| 楽天 | Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です