2011年仕様の Custom 24 と ME Quatro – PRS

PRS Custom 24

音と弾きやすさだけでギターを選ぶなら、PRS を買えば良いじゃないの?って思ってしまうくらい(音と弾きやすさは)好きなブランド Paul Reed Smith

じゃぁ、なんで買わないの?って言われたら、やっぱり値段が高いとか、見た目的にあまり好きでないとか色々と有るんですが、一番の理由は何故か意図的に使い難くしている部分が有るという事なんです。

“2011年仕様の Custom 24 と ME Quatro – PRS” の続きを読む

Fano JM6 を弾いてきました – ジャズマスター

Fano JM6

先日紹介した Fano GuitarsJM6 を早速試奏してきました。

弾いたものはアルダーボディーに、メイプルネック、T-O-Mブリッジと言う仕様で、JM6 としてはスタンダードな仕様だと思います。

感想を一言で書くとしたら、「形は Jazzmaster だけど、音は Jazzmaster とは全然違う。」です。

Fano JM6
Fano JM6
楽天
| Yahoo!ショッピング

なので、「Jazzmaster の音が好きで堪らない!」という人にはお薦めできないですが、「Jazzmaster の形は好きなんだけど、音がなぁ…」と言う私の様な人には最高のギターだと思いますよ。

“Fano JM6 を弾いてきました – ジャズマスター” の続きを読む

Orange Drop にストラトのコンデンサーを変えてみた

SBE Orange Drop TYPE PS

Seymour Duncan DS-100 のコンデンサーを Orange Drop に交換してみました。

道草/Yukiさん(@yu_ki.guitar)がシェアした投稿

このギターはサドル交換フレットすり合わせ、フレット打ち直し、指板塗装変更など本体には色々と手を入れているのですが、電装系は殆どそのまま。

もともと、後輩から譲ってもらったギターなので、本当にそのままかどうかは分かりませんが、少なくとも私が手に入れてから10年間、PU含めて配線も全てそのままです。

で、今回はコンデンサーを SBE Orange Drop 716P と SBE Orange Drop Type PS に変更して、比較してみました。

結論から先に書きますが、フルテン状態では大きな変化は感じませんでした。

勿論、弾いている本人としては、「若干硬い」とか「若干丸い」とか、変化を感じる部分もあると言えば有る、けど、録音した音源を聴いて分かるかと言われたら、言われてないと分からない、と言うレベルだと思います。

ですが、トーンを絞った時の音は勿論変わります。

個人的には PS の方が 716P よりも好きだったので、こちらを DS-100 に取り付けました。

“Orange Drop にストラトのコンデンサーを変えてみた” の続きを読む

Sadowsky と PRS / 試奏したギター 2010.5.18

PRS Custom 24

前回のライブ前に、いろいろと必要なものを探し回ってた時にロックイン新宿 C館で McCarty Trem の中古品を発見したものの、時間がなくて試奏できなかったので、後日を改めて行ってきました。

今回弾いたのは以下の3本。

  • Paul Reed Smith
    • McCarty Trem Roseneck Artist Package
    • McCarty
  • Sadowsky NYC Maple Top ST Natural “Spalted Maple”

PRS McCarty Trem を軸に Trem じゃない McCarty と店員さんお薦めの Sadowsky NYC を試奏しました。

アンプは Koch でした。

“Sadowsky と PRS / 試奏したギター 2010.5.18” の続きを読む

アコギを買いました – Taylor 314ce

Taylor 314ce

Taylor 314ce というアコギを買いました。

公式サイト

道草/Yukiさん(@yu_ki.guitar)がシェアした投稿

実は、これが初のアコギです。

去年の夏から探しだしたので、結局約半年かけてたどり着いた感じです。

色々と試奏した結果、私はドレッドノートよりは000の方が好きで、サイド・バック材にはローズウッドよりはマホガニーを使っている方が好みでした。

さらに言うと、トップ材もスプルースよりもシダーの方が好きかも知れません。
要は、カラッとした音よりは、暖かくて丸い音が好きと言う感じなのかもしれませんね。

Taylor 314ce [サウンドハウス]
Taylor 314ce
サウンドハウス
/ 楽天 / Amazon

“アコギを買いました – Taylor 314ce” の続きを読む

ギターリペアの結果と… / ダンカンストラトを修理に出してみた

Seymour Duncan DS-100

ギターリペア & Dean Markley弦とオクターブピッチ」の続きです

もうずいぶんと前の話になってしまいましたが、松下工房に修理に出していた Seymour Duncan DS-100?を取ってきました。

修理の内容としては、フレットの接着と削り合わせ(ついでにメンテナンス)だったのですが、予定よりも早く水曜に連絡をもらいました。

日曜日に出して水曜なので、だいたい4日で返ってきた感じですね。

料金は合計で 25000円くらいでした。

この料金が高いのか安いのかは、他の工房に出した事が無いので良く分かりませんが、HP の料金表で見積もった感じよりも若干高いような気がするのは気のせいでしょうか・・・

肝心の仕上がりに関してですが、これはチョット表現が難しいですね、なのでしっかり書きます。
“ギターリペアの結果と… / ダンカンストラトを修理に出してみた” の続きを読む

NON-REVERSE FIREBIRD をついに買った!!

Gibson Custom Shop Non-Reverse Firebird with 3 P-90’s

だいぶ前にも書いたんですけど、ここ3年間くらい欲しくて欲しくて堪らなかったギター、 Gibson Non-Reverse Firebird をついに買いました!!

Gibson Custom Shop Firebird Non-Reverse
Gibson Custom Shop Firebird Non-Reverse
楽天
| Yahoo!ショッピング | Amazon

いやー、先日のサイレントギターは別物として、前にメインで使うギターを買ったのは実に10年以上前。

高校1年生の冬でした。

買った直後メチャクチャ体調が悪くなり高熱で苦しんでいたところに、メチャクチャ大雪が降って電車が止まり、タクシーで家まで帰ったことを今でも思い出します。

いやー、嬉しい。
本当に嬉しい。
ついに手に入った!!っという感じです。

“NON-REVERSE FIREBIRD をついに買った!!” の続きを読む