アンプシミュレーター として iPad を使ってみた

Lightning – USB 3カメラアダプタを買ったので iPad を アンプシミュレーター として使ってみました。

全て iPad上の Garage Band で音を作ってます。

使用機材

信号の流れは
Guitar → RNDI → Fireface UCX → Lightning USB3アダプタ → iPad Air 2 (Garage Band)
という感じ。

画面収録でキャプチャした動画の音を iMovie で音量だけ整えてます。

思っていたよりも音が良くてびっくりしました。

最初のクリーン + ディレイとか最後のアンビエントみたいなのはデジタルならではの冷たくて綺麗な音で好きです。

レイテンシーも弾いていて気になるレベルではないかなと個人的には思います。
この辺りはもしかするとインターフェース次第かもしれませんが…

小型のインターフェイスがあれば、iPad だけでライブできるかもw

それにしても Lightning – USB 3カメラアダプタは iPad の充電しながら使えるので便利ですね。

BIAS FX の iPad版とかが欲しくなりますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です